星の金貨プロジェクト

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 カネよりも大切なものがたくさんあった時代の音楽 】《45》

【 カネよりも大切なものがたくさんあった時代の音楽 】《45》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

エマーソン、レイク&パーマー(Emerson, Lake & Palmer)[ラッキー・マン(Lucky Man)]1971年英国


エマーソン、レイク&パーマー(Emerson, Lake & Palmer)[石をとれ(TAKE A PEBBLE)]1971年英国


【星の金貨】のメインセクションは下記のURLに移転しました。

http://kobajun.biz/

海外メディアの翻訳記事は【星の金貨new】でご覧ください。
最新の翻訳記事はエコノミスト【 アベ支配 】《前篇》です。
+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 一般市民に犠牲を強いながら進められるモスル奪還作戦 】《2》

アメリカNBCニュース 2016年11月22日mosul07
イラク軍特殊部隊と民兵が協働し、イスラム国(ISIS or ISIL)からモスルを奪還する戦い。
しかしその陰では多数の一般市民が住んでいる場所からの避難を余儀なくされるか、さもなくければ負傷させられたり、殺されたりしています。
2016年11月18日、モスルを巡る戦いから避難し、イラク北部のクルド族が管理するバシカ地区付近でぼんやりとすわりこむイラク難民の女の子。(写真上)

2016年11月18日、モスル市内のアデン地区からイラク特殊部隊第2師団が制圧した市内東部のカルククリ地区に白旗を振りながら避難するイラク人の家族。(写真下・以下同じ)
モスルはイラク国内でイスラム国(ISIS or ISIL)が支配する最後の拠点都市です。
mosul08
11月18日イラク特殊部隊第2師団が制圧したモスル市内のカルククリ地区に避難するため、ズボンを下げて自爆用の爆弾を身に着けていないことを示すイラク人の男性たち。
mosul09
11月18日、カルククリ地区に入るためひとりひとり身元確認を受ける男性たちの列を監視するイラク特殊部隊第2師団の兵士。
この男性たちの集団は、軍の諜報機関と連邦警察によって身元調査を受けるためカルククリ地区のモスクに誘導されました。
mosul10
11月19日モスル市内に『吊るされ』ていたイスラム国(ISIS or ISIL)の兵士。
mosul14
http://www.nbcnews.com/slideshow/retaking-mosul-costs-civilians-lives-n687261





 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

comment closed

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、アメリカCNN、NBC、ABC、CBS、英国BBC、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
サイトマップ
最近の投稿
@idonochawanツィート
健康関連リンク
アーカイブ