星の金貨プロジェクト

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 カネよりも… 】《89》モーリス・ラヴェル / 逝ける王女のためのパヴァーヌ

【 カネよりも… 】《89》モーリス・ラヴェル / 逝ける王女のためのパヴァーヌ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

モーリス・ラヴェル(Maurice Ravel)[逝ける王女のためのパヴァーヌ(Pavane pour une infante défunte)]1910年フランス
ピエール・ブーレーズ指揮クリーヴランド管弦楽団(Pierre Boulez Cleveland Orchestra)


モーリス・ラヴェル(Maurice Ravel)[ボレロ(Bolero)]1928年フランス
アンドレ・クリュイタンス指揮パリ音楽院管弦楽団(PARIS CONSERVATOIRE ORCHESTRA conducted by André Cluytens)


パリ管弦楽団の前身である音楽院管弦楽団をクリュイタンスが指揮した畢生の演奏。
ラヴェルの魔術的オーケストレーションを遅めのテンポで、クリュイタンスとPCOが実に表情豊かに、ニュアンス豊かに演奏しています。
60年近く前の録音ですが、私は未だにこれを超える『ボレロ』の演奏を聴いたことはありません。

【星の金貨】のメインセクションは下記のURLに移転しました。

http://kobajun.biz/

海外メディアの翻訳記事は【星の金貨new】でご覧ください。





 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

comment closed

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、アメリカCNN、NBC、ABC、CBS、英国BBC、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
サイトマップ
最近の投稿
@idonochawanツィート
健康関連リンク
アーカイブ