星の金貨プロジェクト

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 

世界の最新健康ニュースから[砂糖のシャットアウト]《前編》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

アメリカCNNニュース

今日から老化を防ぎ容貌の衰え(失礼!)を回復するため、『砂糖シャットアウト』に挑戦しましょう、という記事をご紹介します。
甘いものは「脳の栄養」とか「心と体のリラックス」などなど良いことも言われていますが、実は根拠がありません。
甘いものを食べると脳の中では麻薬を摂取した時に陶酔感を感じるのと同じ場所が反応します。
そして麻薬より砂糖の方が依存性が強いと言われています。
ケチャップ、ソースなどにも砂糖が入っていますので注意しなければなりません。
「砂糖が入っていなければいいのでしょう」と、0カロリーの人口甘味料を摂るのも体に悪影響を及ぼしますのでご注意を!!
(あおい薬品薬剤師 小林 裕見子)

【1ヶ月の『砂糖シャットアウト』に取り組みましょう!「え?なに、それ?なんで?」】
《前編 : 砂糖があなたの老化を早める》
リザ・ドレイヤー / アメリカCNNニュース  2018年3月22日

最新の健康ニュースを読んだ方であれば、食事制限についていろいろなアイディアを検討中かもれません。
最近では減量や健康のために青汁などのジュース類の摂取、断食、体内洗浄などいろいろなやり方がありますが、食事の内容を健康的にしようと思って極端に食事の量を減らすことは、長期的な健康という視点からは決して有効ではないということにはお気づきでしょう。
実際極端な食事制限は疲労、めまい、低血糖などの問題を引き起こす可能性があります。

しかし栄養学者のチームが考案した、健康に効果のある持続可能な食事制限の方法をひとつご紹介しましょう。

それはあなたの食事の砂糖を減らすことです。

体重を減らし、健康状態を改善し、さらに輝く肌を取り戻すのにきっと効果があるはずです。

「砂糖はあなたを肥満させ、容貌を衰えさせ、そして老化させてしまいます。」
公認健康指導アドバイザーで、健康改善に関する著作も多いブルーク・アルパート氏がこのように語りました。
「砂糖は私たちを体重オーバーの状態に陥らせ、心臓病の原因を作り出し、皮膚の状態を悪化させ、結果として早すぎる老化につながるのです。」
「これはここ数年の研究によって明らかになったことです。」

▽ 砂糖中毒

もっと悪いニュースがあります。
私たちは砂糖の摂取を止めることはできません。
「現代人は完全に砂糖に依存しきっています。現代人は本物の砂糖中毒です。」
「砂糖をとればとるほど気分がよくなり、摂取していないと気分がすぐれなくなって、さらに大量の砂糖が欲しくなるのです。」

「米国人口の約10%が真の砂糖中毒です。」
保健政策研究所のメンバーでもある、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のロバート・ルスティグ小児科学部教授がこう語りました。
さらに研究によれば、砂糖は習慣性のある薬物(麻薬や覚せい剤など)と同じくらい強い快感、そして強い習慣性があることが確認されています。
そして最も厄介なことの1つは、食材に砂糖が隠されていることが多く、結果的に食事に含まれる糖の量が増えてしまうことです。
アイスクリームやケーキなら明らかに砂糖が多いとわかりますが、サラダドレッシング、トマトソース、パンなど、甘味を感じさせない他の食品にも白砂糖が入っている可能性があります。
「一見健康的な食べ物に砂糖が含まれていることとは気がつかず、結果的に私たちは朝から晩まで、一日中砂糖を食べていまることになるのです。」
公認健康指導アドバイザーのブルーク・アルパート氏がこう語りました。

悪いニュースの反対の良いニュースは、あなたがまだ本物の砂糖 "中毒患者”になっていなくとも、食事から砂糖を取り除きさえすればすぐに余分な体重を減らし、気分が良くなり、輝くような容貌を取り戻すことができるということです。

「人口的に追加された糖分を食事から取り除くことによって恩恵を得られない、そんな人は一人もいません。」
カリフォルニア大学サンフランシスコ校のロバート・ルスティグ小児科学部教授がこう語りました。
子供ですら恩恵を受けることができます。
ルスティグ教授の研究によれば、肥満の子供たちの食事から9日間砂糖をシャットアウトすると、体重や全消費カロリーに変化はないものの、健康になるための代謝活動のあらゆる面が改善されました。

では悪い習慣を断つためにはどうしたら良いのでしょうか?
まずはじめに何をすれば良いのでしょう?

▽ どのくらいの糖分なら許されるのでしょうか?

「私自身が砂糖のシャットアウトに取り組んだ時、私は現代人が日常生活で実にどれほど多く砂糖を摂取していたのかを思い知ることになりました。
砂糖のシャットアウトというと最初は糖分の多いものを遠ざけたり、直接砂糖をとるのを制限したりと、つまるところ摂取量を制限するところから始めようとするものです。
しかし『適度に制限する』という考え方は効果的ではありません。」
公認健康指導アドバイザーのアルパート氏がこう語りました。
「悪い食習慣で苦労している人々に、ある種の食品をあまり食べないように指導することは効果はありませんでした。アルコール中毒の患者に、ビールは2杯で止めるように、と指導することはあり得ませんね?」

「私が指導した中で砂糖の摂りすぎの習慣を見事断ち切った人々は、きっぱりと砂糖への依存をやめると決心した人々でした。」
さていよいよ悪い習慣を断ち切ると決心はしたものの、厳しい食事指導をする私は煙たがられました。

しかし最大のメリットは
「トライした全員が食材の本物の味がわかるようになったことです。彼らは今、果物、野菜、乳製品に含まれる天然の糖分を味わうことができるようになりました。」
一番制限が厳しい最初の3日間は、成分表示に『砂糖』と書かれている食品、すなわち加工過程で砂糖が加えられた食品をシャットアウトします。
さらに糖分の多い果物、澱粉室の多い野菜(トウモロコシ、エンドウ豆、サツマイモ、かぼちゃ)、乳製品、穀類も避けます。
もちろんアルコールも飲んではいけません。

「あなたは基本的にタンパク質、野菜、良質の脂肪のみの食事の献立を考えてください。」
アルパート氏がこう語りました。
具体的には朝食は卵3個、調理方法は自由です。
ランチには最大量170グラムの鶏肉、魚や豆腐、グリーンサラダ。
夕食は基本的にはランチの内容をそのまま量を増やしたもので大丈夫ですが、サラダの代わりにブロッコリー、ケール、ホウレンソウなどの野菜を取っても大丈夫です。
軽食にはオンスのナッツやスライスしたピーマンにハマス(ひよこ豆をゆがいてペースト状にしたものに、ゴマのペーストやオリーブオイルなどを混ぜたペースト)をかけたものなどがオススメです。
飲みものは、水、無糖のお茶、ブラックコーヒーなど糖分が加えられていないものを。

カロリーがほとんどないからといって、人工甘味料をとってはいけません。
「きれいなパッケージに入った人工甘味料は、人間の味覚に反応しづらく、なかなか甘さを感じ取ることができません。」
そのため人工甘味料を使うと
「私たちの体は脂肪をより多くため込もうとして体に余計な脂肪がつくだけでなく、後になって不足したエネルギーを補おうとして脳からもっとたくさん食べるよう指令がでてしまうのです。」
アルパート氏がこう説明しました。

(後編に続く)

https://edition.cnn.com/2017/06/09/health/sugar-detox-food-drayer/index.html

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、アメリカCNN、NBC、ABC、CBS、英国BBC、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
サイトマップ
最近の投稿
@idonochawanツィート
健康関連リンク
アーカイブ