星の金貨プロジェクト

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

www.webcamcaptures.cc

ホーム

【 戦争される側から見た9.11後の世界 – 大義なき戦争が世界を滅ぼす 】《後篇》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

『テロとの国際社会の戦い』が始まって以来、いったい何万人の無関係な市民が殺されてしまったか確かめようも無い
貧困や差別に目を向けることもいないまま、『積極的平和主義』などという愚劣なスローガンを振り回すな

ラミGホーリ / アルジャジーラ 2016年9月11日

arab01
▽ 「安全保障を最優先」する考えが生んだ地獄

9.11の攻撃があって以降、世界各地で起きているテロや戦争が安全保障を何よりも優先させるという考え方が生まれ、アラブ地区アジア地区固有の政治状況や社会経済状況が完全に無視され続けることになりました。
その結果、それぞれの場所でテロリストを生む土壌が形成され人々が苦しむことになるという悪循環に陥っています。
その図式はこうです。
過酷な状況に追い込まれた数百万数千万の人々が自暴自棄になり、拡大と繁殖を続けるテロリスト犯罪集団に身を投じるか、それを支援する立場に身を置くようになったのです。

day 2
今日最も悩ましい問題は、これらの恐怖組織を育てる大量の市民の不意や不満の根本原因となっているひとつひとつの問題について解決や改善に向けた取り組みが始まるどころか、この15年間で一層悪化してしまったという事実です。
中でも目につく具体的状況が、アラブ地区アジア地区における一般市民に対する政治的抑圧、絶え間なく続いている戦争状態、生活環境の著しい悪化、破壊される民族や宗教の融和、停滞するか悪化する就職状況、一層極端になる経済格差と貧困層の増大、経済成長の速度を上回る勢いで増加する人口、残虐さを増す政権側暴力とそれに報復するように拡大する反政府勢力の暴力、双方を支援する外国の軍事介入の規模拡大と恒常化、何もかもが悪化する一方です。

day03
2001年に始まった外国軍隊による直接的な軍事行動は、無人機による継続的な攻撃も含め、アルカイダとISILが勢力を拡大するための理想的な条件を形成しているのです。

外国の軍隊による直接的な軍事行動が多くの市民を憤慨させた結果、アフガニスタン、パキスタン、イエメン、ソマリア、シリア、イラク、そしてリビアなどでは国家としての機能が分断され、安全も何もすべてがめちゃくちゃになってしまいました。
その結果人々の意識はどう変わったでしょうか?
こうした場所で行われた信頼に足る世論調査によれば、アラブ世界の5~8パーセントの人々がアルカイダまたはISILに対し、好意的な見方をするようになったのです。この数値は地域によっては15パーセントに達します。
5%という数字は一見すると少ないものですが、実際には約2,000万人のアラブ人がシリア、リビア、イエメン、イラクなどの破壊が繰り返されている場所でそれぞれの戦争を続けている、アルカイダやISILその他数百に上る先頭集団に対し好意的な目を向けているという事実を意味するのです。

イラク米軍
これに加えて発生している新たな問題が『ジハードの国際化』です。
現代版ジハードはアフガニスタンとパキスタンで過激化し、それがシリア、イラクに移動し、そして今はこれらの拠点が『後方支援』をする形で世界に広がり、その『戦士』の新メンバーもまた国際社会から供給され、その仕組みも強化されつつあります。

▽ 悪化する一方の事態

そして普通のイスラム教徒を悪魔化し、屈辱を与え続けるがごとき西側社会の行動が事態をより一層悪いものにしています。
アラビア語しか話せない人間はアメリカ国内では航空機を利用することが出来ないことに始まり、ひとりのイスラム教徒が引き起こした銃乱射事件が憎悪を生むなどした結果、大統領選の候補者がアメリカ社会の『安全保障』のためイスラム教徒の排除を繰り返し訴える事態まで、反イスラムの動きが先鋭化しています。
西側社会でのこうした状況は、外国軍隊の直接的な介入を受けている国々、そしてそれらと同盟関係を持つアラブ・アジアの強権的な政府の弾圧に苦しむ人々が、ジハード戦士を支援する背景を作りだしているのです。

難民07
アメリカ史上最長の戦争が続いているイラク、シリア、アフガニスタンでは2011年以降、アメリカ人兵士とその関係者が10,000人以上死亡し、50,000人が負傷しました。
そして『テロとの戦い』が続く中東から南アジアにかけての12カ国で、いったいどれだけの市民や兵士が死傷したかについては、その数はまったくわからないのです。
先進社会の南側で暮らす白人ではない犠牲者の数は、西側社会の価値観の中では正確な計測の必要すらないようです。
これが『テロとの国際社会の戦い』の基本理念なのです。
この有様ではテロ集団の勢力が拡大に拡大を続け、戦争が果てしなく続いて終る様子が無いことも仕方がないように思えてきます。

Syr07
そして9.11の15年後の今日、アメリカ人は解決への糸口を見いだせないことにより、なお一層軍事行動への依存を高め、これまで以上に、そして日ついたちを重ねるごとにテロへの恐怖を大きくし続けているのです。

〈 完 〉

※この稿の筆者であるラミ氏は、ベイルートのアメリカ大学のイッサム・ファレス研究所のシニア・フェローであり、ハーヴァード大学ケネディ・スクールの外部シニア・フェローです。
http://www.aljazeera.com/indepth/opinion/2016/09/911-terror-militarism-war-fear-160911055050615.html
 + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 シリア、ホワイト・ヘルメットの最前線 】《1》

アメリカNBCニュース 9月16日

whelmets1
ホワイト・ヘルメットは、シリア国内で民間防衛を目的に一般市民によって組織されました。
彼らは、アサド政権の政府軍が無差別に投下するバレル爆弾とミサイル攻撃に対応する救助隊です。
2014年6月2日アレッポに対する空襲の後、子供たちを救い出すホワイト・ヘルメットのメンバー。(写真上)

2016年9月10日アレッポに対する空襲の後、破壊された建物のがれきの下から救い出された女の子を運びだすホワイト・ヘルメットのメンバー。彼らはシリアで果てしなく続いている残酷な戦争の惨禍から市民を助け出すため、毎日、命を賭けています。(写真下・以下同じ)
ホワイト・ヘルメットのメンバーはこれまで60,000人に上る人々の救助を行いました。
彼らは今年のノーヘル平和賞の候補に挙がっていますが、彼らに授賞するよう求める嘆願書には、ハリウッドの有名スターを始め130,000人が署名しています。
whelmets3whelmets2
5歳のオムラン・ダキーシュ、2016年8月17日、アレッポで空襲受けた建物から引き出され救出された直後、救急車に乗せられました。
ホワイト・ヘルメットがオムランを救出した際に撮影されたこの写真は世界中に衝撃を与え、ホワイト・ヘルメットの名は8月世界的に有名になりました。
血まみれのうえ埃まみれのまま呆然とする男の子の写真は、シリアにおける内戦がいかに凄惨なものかを端的に伝えることになりました。
http://www.nbcnews.com/slideshow/angels-front-line-syria-s-white-helmets-n649691

【 戦争される側から見た9.11後の世界 – 大義なき戦争が世界を滅ぼす】《前篇》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

国際テロの根本原因を解明しなかった人類は、一層愚かな選択を行った
増殖を続けるテロ集団と終わらない戦争、それを始めさせたのは大国の官制暴力
『テロとの国際社会の戦い』に対する反作用は12カ国でテロ事件を誘発、数えきれない一般市民の犠牲者を作りだした

ラミ・G・ホーリ / アルジャジーラ 2016年9月11日

arab01
テロリズムはそれ自体忌むべきものです。
しかし人々や政府機関がこの問題に対処しなければならない時、理性や計算を忘れ、暴力に対抗するには暴力しかないと結論した挙句、テロや戦争を拡大し恒久化させるようなことがあれば、事態はなお一層悲劇的なものになってしまいます。
しかしアルカイダによるアメリカへの攻撃・9.11同時多発テロの発生から15年が過ぎた今、それは間違いなく現実のものになってしまいました。

2001年9月11日、私はボストンにいましたが、今週再びボストンに滞在しています。
ボストン市民のあいだには、奇妙な組み合わせによる複雑なムードが漂っています。
軍国主義的な勝利主義、混沌とした政治状況、そして新たなテロ発生に対する恐怖です。
国内での世論調査の結果、アメリカ国民の5割が新たなテロ発生に対し懸念を抱いていることが明らかになりました。

aleppo08
2001年の同時多発テロは、この地球上の人類のバランスシートを概ねネガティヴで恐怖に彩られたものに変えてしまったことは、もはや疑いようのない事実のようです。

2001年同時多発テロ以降のアメリカの行動記録を検証すると、ひとつの到達点が見えてきます。

9/11からテロリズムに対するアメリカの行動のチェックは、1つの非常に大きい業績を登録します: 米国、そして世界各国はテロ防止対策を徹底的に強化し、2001年以降アメリカ本土におけるアルカイダ、あるいはISIL(別名ISIS)による組織的テロ攻撃は発生していません。

▽ ネガティヴなバランスシート

イエメン07
しかしそれ以外の状況は悪化しました。

テロを生み出す土壌と政治状況が悪化する一方、アラブの地の中心部におけるアルカイダとISIL(別名ISIS)のテロの遂行能力と組織規模は、この15年間で確実に大きくなってきたのです。

アルカイダとISILに対する武力攻撃の内容と規模の拡大、そしてアジアからアラブに架けたイスラム社会における政治的抑圧と社会情勢の悪化が進めば進むほど、テロリスト達の勢力が拡大していくという皮肉な結果を生みました。

アメリカとその同盟諸国、西側各国からアジア、アラブの親米国家は過去20年間、テロリストたちに対し、お決まりの軍事作戦を秘密裏に進めてきましたが、アルカイダもISILもアラブの地から根絶やしにすることはできませんでした。

シリア難民10
事実、アメリカが主導する軍事攻撃『テロとの国際社会の戦い』に対する反作用は、12カ国においてテロ事件を誘発し、数千人に上る一般市民の犠牲者を作りだしました。

一時は追いつめられたアルカイダも今や息を吹き返したどころか勢力範囲を一層拡大させてしまい、さらに残虐なISIL(別名ISIS)を生みだし、まるでフランチャイズ・チェーンのように世界中に触手を広げ、各国で無差別テロを繰り返す一匹狼のテロリスト作りだしそのバックアップをしています。

2001年の同時テロを目の当たりにした私は、当時のアメリカの一般市民、そして政府関係者の反応がだいたい3通りに分かれていることに気がつきました。

アメリカ人の多くは、なぜアメリカがアルカイダが行なったような攻撃を受けることになったのか、その理由が解らずに混乱していました。
彼らは文献を検証するなどしてイスラム教を理解するための努力を重ね、なぜ一部のイスラム教徒が犯罪者と化したのか、理由を突き止めようとしました。

ブッシュイラク戦争
そしてアメリカはその手に持った巨大な軍事力をアフガニスタンに対し、最大規模で行使したのです。
さらにその18ヵ月後には、イラクに対し大規模な攻撃を仕掛けました。
それは、国際的なテロ行為に対する20世紀で最大規模の、そして最も長期に渡る軍事作戦に拡大しました。
なぜそこまで大規模な軍事作戦が必要だったのか、公平な立場のアナリストやオブザーバーによって解明されなければならないはずですが、それはアメリカ社会においても、アラブ社会においても、公の議論が行なわれた事はありません。

〈 後篇に続く 〉

※この稿の筆者であるラミ氏は、ベイルートのアメリカ大学のイッサム・ファレス研究所のシニア・フェローです。
http://www.aljazeera.com/indepth/opinion/2016/09/911-terror-militarism-war-fear-160911055050615.html
  + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

やっと【星の金貨】オリジナルサイト( kobajun.chips.jp/ )のウィルス駆除が完了、グーグルに再審査を求めブラックリストから外してもらうことができました。
色々ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした。
これで、パソコンの方は警告が出なくなったと思います。
当面は【星の金貨NEW】( kobajun.biz/ )と内容を同期させながら、掲載を続けてまいりますが、【星の金貨NEW】の方がセキュリティレベルが高くなっていますので、できればこちらをご利用ください。
これからもよろしくお願い致します。

私はビン・ラディンが「殺害」された時、なぜ逮捕・拘禁ではなく特殊部隊による射殺なのか釈然としませんでした。
法による秩序が否定されてしまったと感じたからです。
私たちが暮らす社会の平和は法によって秩序づけられているのか、それとも『力』によってそれがなされてしまうのか?
不幸に突き落とされる人を一人でも少なくするために、私たちはどちらをえらぶべきなのでしょうか?

  + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 9月14日の報道写真から 】

アメリカNBCニュース 9月14日

taiwan-1
台湾南部に襲いかかった台風14号。14日の高雄市内。
9月15日、倒壊した高雄港のブリッジ・クレーン。(写真下・以下同じ)
taiwan-2
http://www.nbcnews.com/slideshow/typhoon-meranti-strikes-southern-taiwan-n648456

【星の金貨】サーバーを移転しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 1分

これまでの【星の金貨】のサイトに不具合が発生しているため、サーバーを【 星の金貨NEW 】に移転しました。
アドレスは
http://kobajun.biz/
になります。
よろしくお願いいたします。

【 9年に及んだアメリカの『秘密軍事作戦』史上最大量の爆弾を落とされた国民は今 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

ロイター/AP通信/米国NBC 2016年9月6日

laos01
9年間、米国はラオスで秘密の軍事作戦を行いました。
その結果、ラオス国民は1人当たり史上最大量の爆弾を落とされることになったのです。

ベトナム戦争が続いていた間、アメリカ空軍が投下した爆弾を門柱代わりに使っている自宅に立つ女性。2016年9月3日。(写真上)
1964年から1973年まで、米国軍用機は2億7000万発のクラスター爆弾を当時共産主義国家であったラオスに投下しました。
ラオスで不発弾処理にあたっている政府機関によれば、そのうち実に3分の1が不発弾でした。
結局、ラオス国民はアメリカが行なった『秘密の戦争』により、一人あたり世界史上最大量の爆弾を投下された国民になったのです。

2016年9月3日ラオス、バンナピア、アメリカ軍が投下した爆弾を持って撮影に応じた43歳の女性。(写真下・以下同じ)
ラオスを訪問したオバマ大統領は、米軍の不発弾によって20,000人以上が死傷した事実を受け、これから3年に渡り9,000万ドル(約91億円)を追加援助すると約束しました。
「アメリカは第二次世界大戦中にドイツと日本に投下した以上の200万トンを超える爆弾をこの小さな国に投下したのです。」
オバマ大統領は現地でこう語りました。
laos02
米国が投下した爆弾を半分に切って、プランターとして使われていた。2016年9月3日ラオス、バンナピア。
アメリカ軍によるラオス爆撃は北ベトナムに物資を供給していたホーチミン・ルートを破壊し、共産主義ゲリラを一掃する目的でCIAが計画し、実行されたものです。
その結果、ラオスには深刻な爪あとが残されることになりました。
所期の目的が達成できなくなったアメリカ軍は、ついには不要になった爆弾をラオス国内に大量に空からばらまいて捨てる行為までしてのけたのです。
laos03
2016年9月3日ラオス、カチョ。廃棄物の中から金属を収集中、不発弾が爆発し両手を失った28歳の男性。
2008年に300人だった不発弾による死傷者は2015年には42人にまで減少した一方、子どもの犠牲者の割合は増加しています。
laos04
2016年9月3日。回収されたアメリカ軍の爆弾の隣に座る仏僧の男性。
laos05
2016年9月3日ラオス、バンナピア、米軍のが投下した爆弾の外殻を柱に使った自宅の前に立つ少年。
laos06
2016年9月3日ラオス、ビエンチャン。不発弾によって足を失った人に提供するため、支援団体がストックしている義足。
laos07
現在40歳のこの男性は、10歳の時に家族と農作業をしている時に左手を失いました。彼はシャベルで地面を掘っていたため、爆弾の存在に気づくのが遅くなってしまったのです。彼の母親は爆発当時の事を鮮明に記憶しています。
「爆発音がして驚いて駆けつけた私は、そこに息子が倒れているのを見ました。
近くにいた村の人が走って息子を近くの病院に担ぎ込んでくれましたが、手を切断するしかないと言われました。私はただ泣く以外、何もできませんでした。
laos08
http://www.nbcnews.com/slideshow/u-s-bombs-scars-covert-war-still-raw-laos-n643386

【 問題は無くならない!5年が経ったフクシマ 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

高濃度の汚染水で制御もままならない、世界史上2番目に最悪の原子力発電所事故の現場
345億円をかけた凍土遮水壁計画はすでに失敗に終わっている?

ジュリアン・ライオール / ドイチェ・ヴェレ(ドイツ国際放送) 2016年8月29日

福島IAEA
3月11日に襲った巨大地震によって引き起こされた巨大津波が重要な設備である原子炉冷却システムを破壊し、福島第一原発の3基の原子炉でメルトダウンが発生したことが日本の人々の記憶に刻まれてから5年5ヵ月の歳月が経過しました。
現場では大気中に放出された放射性物質を取り除き、原子炉の制御を取り戻そうとする作業が続けられています。

東京電力のプレス・リリースは、事故発生以来続けられてきた収束作業により、ゆっくりとではあるが確実に効果が現れていると主張しています。
しかし福島第一原発の事故以降停止している日本全国の原子力発電所を再稼働に対する支持を得るため、現場の回復が進んでいるという東京電力、そして原子力産業界の保証を日本の国民の誰もが受け入れたという訳ではありません。

「福島第一原発の現場には相互に関連する膨大な数の問題が存在します。中でも私たち日本人が直面する最も大きなものの一つに、敷地いっぱいに並べられた巨大な鋼鉄製のタンクにため込まれている高濃度汚染水の問題があります。」
京都に拠点を置く日本の反原発団体、グリーン・アクション・ジャパンのアイリーン・ミオコ-スミス氏がドイチェ・ヴェレの取材にこう答えました。
「福島第一原発の敷地内ではこれ以上の汚染水タンクのための敷地が無くなりつつありますが、高濃度汚染水が毎日増え続けている以上、東京電力はさらに多くの汚染水タンクを作り続けなければなりません。そして一部の溶接されていないタンクには、汚染水漏れ事故を繰り返してきたという記録が残されています。

凍土壁パイプ
▽『時を刻み続ける時限爆弾』

「福島第一原発の高濃度汚染水の実態は、カチカチ音を立てている時限爆弾のようなものです。しかし東京電力には今のところ、汚染水タンクをひたすら増設し続ける以外の選択肢は無い、そう見えます。」

環境グループは東京電力と日本の原子力事業を監督する立場にある原子力規制委員会に対し、このまま汚染水タンクの増設を続ければいつか福島第一原発の敷地がいっぱいになってしまった時点で、汚染水を太平洋に投棄せざるを得なくなることから、問題解決のための具体的方法を明らかにするよう求めています。
東京電力は8月初旬、それまでに福島第一原発の原子炉1、2、3、4号機のそれぞれの地下トレンチ(溝)から回収した汚染水が10,000トンに達したことを確認しました。
東京電力の担当者によれば、この他に各原子炉建屋とタービン建屋の地下からあふれ出した汚染水が約60,000トンあります。

「1号機と2号機、そして3号機の原子炉を冷却し続ける為に、毎日約100トンの水を注入しなければならず、汚染水が増え続けるのです。」
東京電力の担当者はドイチェ・ヴェレの取材にこう答えました。
「さらに一日あたり約150トンの地下水が、同じ場所に流れ込んでいることも確認しています。」

一部の汚染水については浄化装置を使って放射性物質を取り除く作業が行なわれていますが、発生する量があまりにも多いため、浄化処理作業はまったく追いつくことがてきないため、汚染水タンクの増設を続けなければならない状況にあります。

原子力規制委員会に助言を行っている専門家たちは、これ以上の地下水の流れ込みを遮断するため1~4号機の周囲の地下に凍土壁を作る計画を発表しましたが、これすら現在うまくいっていません。


▽ 凍土壁計画の『挫折』

橘髙義典(きつたかよしのり)「地中に凍土壁を築いて地下水の流れ込みを遮断する計画は、すでに失敗しています。」
首都大学東京の建築材料学が専門研究分野である橘髙義典(きつたかよしのり)教授は報告書の中でこう述べています。

東電スポークスマンは、345億円をかけた凍土遮水壁計画が失敗に終わったという見解に反発しました。
「私たちは現在、計画されている凍土壁全体を凍結させるプロセスの途上にあります。私たちが最初に着手したのは、海に最も近い部分です。そこから順次陸地に近い周辺部分に移動していますが、水位を一定に保ちながら、原子炉建屋周辺の一定の範囲内から汚染水が他の場所に漏れ出さないように確認しながら作業を進めなければなりません。現在未だ凍結していない場所が7か所ありますが、凍土壁が完成すれば、この対策が有効であったことを確認できると思います。」

このような状況の進展については、日本のメディアも、そして2011年以降原発事故の影響に何らかの形で苦しんできた一般国民もほとんど関心を示していません。
これに対し別のニュースが注目されることになりました。

8月20日、厚生労働省は、福島第一原発の事故発生直後に現場で事故処理作業に従事し、白血病を発症した男性に補償を行うことになったことを認めました。
この男性は50代、氏名は公表されていませんが、2011年4月から2015年1月まで福島第一原発の事故現場で働き、この間放射線に被曝したことによりガンを発症しました。
昨年10月にも福島第一原発の元作業員が白血病を発症して補償を受けましたが、これとは別に5人が健康被害による補償を請求しており、厚生労働省は現在その内容を精査しています。

%e4%ba%8b%e6%95%85%e5%8f%8e%e6%9d%9f%e4%bd%9c%e6%a5%ad01
▽『最善を尽くす』

東京電力のスポークスマンは、同社が事故収束・廃炉作業の最終プロセスである原子炉内にあるメルトダウンした核燃料デブリの取り出し作業に着手できるよう、最善の努力を続けていると語りました。
実際にこれまでこうした作業には手が付けられておらず、どれ程困難な作業になるか、どれ程長い時間がかかるのか、問題の規模はきわめて大きなままです。
「私たちは溶け落ちた核燃料、すなわち核燃料デブリを取り除くための技術の完成と、すべての事故収束・廃炉作業の完了とが同時に可能になるまで30年から40年の歳月が必要だろうと予測しています。」
東京電力の担当者がこう語りました。

こうした状況にもかかわらず、日本政府は現在、福島第一原発近くで暮らしていた住民たちに対し、環境中の放射線量は許容限度内に収まっているとした上で、避難している間の住宅手当並びに働くことが出来ないことに対する補償金も近々打ち切ることになると伝え、
実質的に帰還を強制する措置に出ています。

2015oct01
「もう安全だなどと言われても、住民たち、特に子供たちを持つ家族の多くが元住んでいた場所にはもう戻りたくないと考えています。」
グリーン・アクション・ジャパンのアイリーン・ミオコ-スミス氏がこう語り、もうひとつの原因として日本の原子力行政に対する信頼性が欠如していることを指摘しました。
「住民たちはすべての筋書きが、2020年のオリンピック開催のために動いていると感じています。そして日本政府は東京オリンピックが開催される2020年までにすべてを正常な状態に戻すという国際的な公約を何としても果たさなければならない、その事をすべてに優先させていることはお見通しなのです。」

http://www.dw.com/en/problems-persist-at-japans-crippled-fukushima-nuclear-reactors/a-19510555

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、アメリカCNN、NBC、ABC、CBS、英国BBC、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
サイトマップ
最近の投稿
@idonochawanツィート
健康関連リンク
アーカイブ