【 平和憲法の解釈変更、安倍首相のやり方は許されてよいものではありません 】《前篇》

許されることと許されないこと、その分別もつかなくなっている日本の政治
憲法第9条により平和主義は戦後日本の復興の礎となり、平和国家日本の再建は確実に進んでいった
軍国主義が一般国民に強制したものは極端な服従、戦争末期の玉砕や特攻による数多くの若い人々への集団自殺の強制
軍国主義に縛りつけられていた日本の潜在能力に、躍進する自由を与えた平和憲法

ピーター・ポッパム / インディペンデント 2014年7月17日

安倍&豪州首相
日本の安倍晋三首相は与党が過半数を制する国会の議席数を利用し、日本は集団的自衛権を行使し得るとする憲法の「再解釈」を行いました。
この決定は国民の大きな怒りを買い、その怒りは時間が経っても容易には収まりそうにありません。

日本の現在の憲法は西側の法律家たちによって考案され、敗戦によって自信を喪失していた国に対し施行が課せられ、完全な平和主義の国家の再建設がすすめられることになりました。
憲法第9条の条文は次の通りです。
「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」

この憲法の発布以来、日本の国家主義者たちはその規定する内容について「屈辱的な」ものであると憤懣を募らせ続けてきました。
しかし平和主義は戦後日本の復興の礎となり、平和国家日本の再建は確実に進んでいったのです。

日米安保条約に基づくアメリカの軍事力の傘の下にいることも日本人に軍事力の不必要さを感じさせてきましたが、それ以上に多くの国民が日本は平和国家に生まれ変わったのだという認識を持ったことにより、戦前の軍国主義がもたらした様々な恐怖や悲劇からいち早く立ち直ることを可能にしたのです。

大東亜共栄圏03

第二次世界大戦中に日本軍の占領地区における残虐行為などが戦後明らかにされると、当時詳しい事情も知らずに大日本帝国の戦争推進政策に賛同していた一般国民は、驚きと恐怖に打ちのめされました。

『大東亜共栄圏』こそは大日本帝国が創り出した壮大な規模の欺瞞でした。
アジア各国と対等の同盟関係を結ぶ振りをしながら、日本人は各国民に対し人種的に優位に立っているという真意を隠し持ち、天皇を神格化して様々な形で利用しようとしていました。

軍国主義が一般国民に強制したものは極端な服従、戦争末期の玉砕や特攻による数多くの若い人々への集団自殺の強制、さらには日本中の都市が壊滅寸前に追い込まれ、多くの民間人が犠牲になったアメリカ軍による空襲、猛爆でした。
東南アジア諸国は大日本帝国の侵攻により、西欧の帝国主義国家の植民地からの脱却を果たしたため、当初は恩恵があるように感じた国々もありました。
しかし独立の喜びに浸っていたのもつかの間、間もなく彼らはいやでも日本の醜い真意に気づかざるを得ない状況に追い込まれていきました。
以後彼らは二度と大日本帝国の『恩恵』について、口にすることはなくなったのです。

大東亜共栄圏02
マッカーサー元帥が統治責任者を務める中で公布された平和憲法は、軍国主義に縛りつけられていた日本の並外れた潜在能力を自由にしました。

そのエネルギーは産業の復興に向かい、日本経済を泥沼から引き出しただけでなく、生活水準の改善を著しく改善することになりました。

日本人は別に自画自賛することが大好きな訳ではありませんが、しかし一面では真実です。
1930年代に誇らしげに語られた『大東亜共栄圏』構想は、結局は日本に膨大な数の死と惨めな敗戦をもたらしただけでした。

1930年代の軍国主義国家を、1950・60年代の平和主義国家日本と比較してみたらどうなるでしょうか?

『トランジスタ・セールスマン』は、当時の池田勇人首相が推進した高度成長政策について、フランスのド・ゴール大統領が日本人を幾分かの軽蔑を込め揶揄した言葉でした。
しかし日本は近代国家史上2回目となる繁栄を謳歌し、戦時中と異なり日本人が東南アジアで忌み嫌われることはもはや無くなりました。
事実、日本の海外投資のあり方は綿密に調査に基づく緻密なものであり、この点往々にして高圧的であり相手を小ばかにしたような中国のやり方とは対照的なものでした。

憲法第9条01
東南アジア、東アジア地区において平和主義国家日本が半世紀の間続けてきた、現地の人びととの融和を大切にする友好的な政策が生み出したこのような高い評価を、簡単に台無しにする方法があります。

それが安倍首相とその支持者たちが天性持っている国家主義的思考であり、彼らが今進めている国家主義的政策です。

〈後篇に続く〉

原題 : Shinzo Abe’s way of reinterpreting Japan’s pacifist constitution won’t wash
He has bitten off more than he can chew
http://www.independent.co.uk/voices/comment/shinzo-abes-way-of-reinterpreting-japans-pacifist-constitution-wont-wash-9613153.html
+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

この記事はすでにご紹介した8月30日付のCNNの評論記事( http://kobajun.chips.jp/?p=19959 )に通じる主張をしています。
すなわち、現在の日本の経済的成功の基本を作ったのは平和憲法であるにもかかわらず、安倍首相とその支持者たちにはその認識が見事に欠けている、という指摘です。

もし国民の間に愛国心を育てたいと思うなら、まずは政権を担う政治家が襟を正し、謙虚に振る舞うことが必要でしょう。
ところがこの2週間ご紹介してきたように、安倍政権に対してはいわば世界の世論を代表するメディアから次々と疑問符がつきつけられています。

国民の反対を押し切って原発を再稼働し、特定秘密保護法により言論の自由に制限を加え、人種差別の横行を見て見ぬふりし、憲法の条文を空文化して軍備の増強を図る、それのどこに『美しい日本』を感じ取れというのでしょうか?
国内向けのプロパガンダでは無く、現政権はいちど世界の世論に向け「これこそが美しい日本なのだ」と宣言してみるべきではないでしょうか。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +
【 レゴが再現する香港の雨傘革命 】

アメリカNBCニュース 10月20日
(写真をクリックして、大きな画像をご覧ください)

LEGO01
香港で抗議活動を続けている一人の女性が、中国政府による統制が続く路上の警察と学生たちの対決の様子を再現したロゴ作品を公開しました。

ナタリー・チャンがサウスチャイナ・モーニングポスト紙に語ったところでは、彼女は政庁前で座り込みを続けていた10日間、苦心惨憺の末この作品を完成させました。
「これほど集中してレゴの作品作りに取り組む機会は、私の人生ではもう二度とないと思うわ。」
25歳になるナタリーがこう語りました。
彼女の作品は香港で続いている抗議活動の、まさに最新のハイライトになりました。
LEGO02

カテゴリー: エッセイ | 9件のコメント
1 / 1,09512345...102030...最後 »