星の金貨プロジェクト

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 

ビビリ・ゴルファーの独りごと《2》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

▽ 欲とビビりに支配されるゴルファー

さて自分のゴルフはどこまでのゴルフなのだろうか?
前回はその答えを出すため、ある決心した、というところまででした。

どんなことができて、何ができないのだろうか?
練習場ではちゃんとできるのに、コースに出るとできないのはなぜか?
100ヤード以内を10ヤードごと、きちんと打ち分けられるようにしたい

こうした自分に対する問いかけ、その答えを出すために私が決心したこと。

それは、独りパブリックです。

私が暮らす仙台市の西北郊外の富谷市にある富谷カントリークラブが私のホームコースであることは前回お話ししました。
富谷カントリークラブには18ホール・パー72のメインコースの他に、18ホール・パー70(ショートホール×6ホール、ロングホール×4ホール)のパブリック・コースがあります。

パブリック・コースは平日なら予約なしで、しかもひとりでラウンドさせてもらえるのです。

女房殿に言わせれば、私は所詮エエカッコしい。
確かに土日にメインコースに行くと、同じパーティの同伴プレーヤーはもちろん、前の組や後ろの組の人の視線が気になります。

自分に置き換えてみると、よほどのスロープレーヤーやマナーの悪いプレーヤーでなければ、前の組や後ろの組の誰かに「目をつける」などということはないのですが、自分のこととなると感覚がずれてきます。

特に調子が悪い日などは、ティーイング・グラウンドに立って自分が打ち終わるまで、次の組が来ないといいな、なんて考えがちです。
なぜなら失敗しただけでも落ち込むのに、それを他人に見られていると挫折感が倍増する感じがするからです。

でもその意識そのものが、ゴルフの場合は失敗の原因になります。
プロゴルファーは見られることが前提であり、すべての技術を備えているのに対し、私たちアマチュアはまずもって得手不得手があり、しかも集中力となると比較になりません。

それが見られてもいないのに、周囲の視線が気になって仕方がない。
自滅の原因を自分で作っているようなものです。
煩悩そのものと言って良いのですが、煩悩を去ることができないのが私のような凡人。

しかもホームコースの富谷カントリークラブは「簡単じゃない」と評判のコースです。
距離は長くもなく短くもなく普通ですが、基本右はすべてOB。
もっと厄介なのはすべてのグリーンが砲台で、しかもまんじゅう型であること。
その上グリーン周りのラフはなぜかほとんどが逆目。
そして花道の左右には基本必ずバンカーがあります。
きついドローやスライスはまず十中八九アゴの高いバンカーです。
そしてグリーン奥はすべてOBか大トラブル…
さらにはショートホールがすべて打ち上げで、アベレージゴルファーにとってはミドルアイアン以上の距離があります。

要はショットには正確な距離感と方向性、そして冷静な状況判断が必要なコースだということです。

そして泣かされるのがグリーンの難しさです。
パッティングは1メートル以内であってもしっかり打たないと、まず曲がります。
「えっ?」
迷いながら、あるいはこわごわ打ったパットは絶対曲がる、そんなグリーンです。
どのグリーンもまっすぐのラインは一箇所だけという設定。

まあ、言ってみれば客に全く媚びないコースと言えるのではないでしょうか?

当然このコースでプレーする際一番必要なことは集中する、ということになります。
集中力を欠いたまま漫然とプレーすると、必ず痛い目を見るのがこのコースです。
前後左右に気を取られていたのでは、うまくいくはずがありません。

そんなホームコースで2年前は土日ラウンドして、私のスコアは平均すると91〜93といったところ。
調子が良くないと90を切ることは無く、18ホール全体をみると良いところもあるもののダメなところも多々あって、いつも思うことは一緒でした。

なんでああいう失敗を繰り返すのだろう?

誰からも見られない環境でゴルフができないだろうか?

その答えが独りパブリックでした。
普通ならゴルフ場のオーナーでもない限り、一人きりでゴルフを楽しむなどという贅沢は許されるはずがありません。
そして首都圏のように人間が充満している場所でも不可能。

でも仙台市内に暮らす私は、車で25分の場所にたったひとりでプレーを許してくれるゴルフ場があるのです。

しかも、平日ならメンバー料金は3,300円です。

で、実際にプレーしてみてどうだったのでしょうか?

初夏のとある平日、当時はまだ会社員だった私は一週間の天気予報を確認して前日に有給休暇届けを出し、休みを取って独りパブリックコースにやってきました。

そして我ながら信じられないことに、2バーディ3ボギー、パー70を71で回ったのです!

何が違ったのでしょうか?
そのお話は次回にさせてください。

  + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【星の金貨】のメインセクションは下記のURLに移転しました。

http://kobajun.biz/

海外メディアの翻訳記事は【星の金貨new】でご覧ください。

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、アメリカCNN、NBC、ABC、CBS、英国BBC、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
サイトマップ
最近の投稿
@idonochawanツィート
健康関連リンク
アーカイブ