星の金貨プロジェクト

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 カネよりも大切なものがたくさんあった時代の音楽 】《43》

【 カネよりも大切なものがたくさんあった時代の音楽 】《43》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

ロキシー・ミュージック(Roxy Music)[モア・ザン・ディス(More Than This)]1982年英国


ロキシー・ミュージック(Roxy Music)[アヴァロン(Avalon)]1982年英国


【星の金貨】のメインセクションは下記のURLに移転しました。

http://kobajun.biz/

海外メディアの翻訳記事は【星の金貨new】でご覧ください。
本日の掲載は【 フクシマ : 巨大地震が集中する国土と沿岸に並ぶ原子力発電所 】ガーディアン

  + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 一般市民に犠牲を強いながら進められるモスル奪還作戦 】《1》

アメリカNBCニュース 2016年11月22日

mosul-1
イラク軍特殊部隊と民兵が協働し、イスラム国(ISIS or ISIL)からモスルを奪還する戦い。
しかしその陰では多数の一般市民が住んでいる場所からの避難を余儀なくされるか、さもなくば負傷させられたり、殺されたりしています。
2016年11月21日、イラク北部のクルド族が管理するアスキ・カラクのチェックポイントで、フェンス越しに食料を買うために両親とともに行列を作るイラク難民の女の子。(写真上)

11月20日モスルの約70kmの南にあるカイヤラー、イスラム国(ISIS or ISIL)軍が撤退する際各所の油井に放火して行ったため、消化活動を行うために必要な水を送るパイプラインの建設を急ぐ作業員。(写真下・以下同じ)
mosul-2
11月20日モスルの約70kmの南にあるカイヤラー近くの検問所で、車に乗って順番待ちをするイラク人の一家。
モスルシ市内の中心部では前進を図る政府軍に対し、イスラム国(ISIS or ISIL)軍が狙撃や自爆攻撃を繰り返し、このため政府軍は一旦前進を停止して、拠点防御の体制を取っています。
戦闘の激化に伴い、一般市民の犠牲も増え続けています。
mosul-3
11月19日モスル奪還作戦の戦闘地帯で、イスラム国(ISIS or ISIL)軍の自爆攻撃によって破壊された高機動多目的装輪車(ハンビー)の周囲で被害状況を確認するイラクの特殊部隊の兵士。
mosul-4
11月20日モスル市内で、政府軍が行なった食料の配給に群がる市民。
mosul-5
http://www.nbcnews.com/slideshow/retaking-mosul-costs-civilians-lives-n687261





 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

comment closed

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、アメリカCNN、NBC、ABC、CBS、英国BBC、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
サイトマップ
最近の投稿
@idonochawanツィート
健康関連リンク
アーカイブ