星の金貨プロジェクト

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム

2016年11月の報道写真から《1》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

アメリカNBCニュース 2016年11月1日
day01
2016年11月1日イラク国内のカイヤラ油田の井戸から上がる猛煙。
政府軍やクルド族民兵の攻撃を受け、イスラム国(ISIS)兵士が撤退前に放火して行ったものです。(写真上)

インドのジャム・アンド・カシミール州スリナガル郊外の朝、霧に覆われた野菜畑でバスケットを頭に載せて運ぶ女性。(写真下・以下同じ)
day02
現在イスラム国(ISIS)に支配されているイラクのアブジャルボア村から避難してきた少年。イラク領内のモスル奪還作成の開始により、家畜とともにさらなる避難をすることになりました。
day03
ロンドンの聖ジェームズ公園で。
day04
ミンスクの北西約110kmの場所にあるバルニー村にある、第一次世界大戦のドイツの犠牲兵士の墓参りをする高齢の女性。
day05
http://www.nbcnews.com/slideshow/today-pictures-nov-1-n676621

【 イスラム国(ISIS)を相手の苦しい戦い – クルド族民兵組織 】《2》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

アメリカNBCニュース 2016年10月30日

%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83<a href=%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%82%ac11e3%83%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83<a href=%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%82%ac11e3%83%a1%e3%82%ac07" width="300" height="200" class="aligncenter size-medium wp-image-29272" />e3%82%ac06" width="300" height="200" class="aligncenter size-medium wp-image-29271" />
モスル奪還のためイラク政府軍とともにイスラム国(ISIS)と戦うクルド族民兵組織ペルシュメガは、待ち伏せ攻撃に遭うなど、苦しい戦いをつづけています。
モスル作戦はイスラム国(ISIS)の支配地域の半分にあたるイラク領土部分を奪還しようとするものです。
カメラマンのハリー・クーンはペルシュメガと協同で軍事作戦を行っているクルディスタン自由軍(PAK)に同行し、実戦の撮影を行いました
イスラム国への進攻前夜、美声の持ち主として知られるアワラという名の若い兵士が仲間のために歌いました。(写真上)

進攻中、車列が攻撃を受けたため歩兵が前に出て掃討することになり、配置につこうとするアワラ。(写真下・以下同じ)
%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83<a href=%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%82%ac11e3%83%a1%e3%82%ac07" width="300" height="200" class="aligncenter size-medium wp-image-29272" />
銃弾が頭に命中し、倒れたアワラ。
即死でした。
ハリー・クーン「脇に転がっている無線機からは、叫び声と連続する射撃音、そして援軍と助けを求める悲鳴がやかましく聞こえていました。」
%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83<a href=%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%82%ac11e3%83%a1%e3%82%ac08" width="300" height="200" class="aligncenter size-medium wp-image-29273" />
攻撃を受け援軍要請があったため、車列の前に出ようとするクルディスタン自由軍の兵士、アルダラン。
%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83<a href=%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%82%ac11e3%83%a1%e3%82%ac09" width="300" height="200" class="aligncenter size-medium wp-image-29274" />
頭を打ち抜かれ、倒れた、アルダラン。
ハリー・クーン「アルダランは多数の銃弾が飛び交う中、一緒にいた私に場所を代わるように頼みました。その場所の方が射撃がしやすかったからです。私が移動しようとして振り返った瞬間、アルダランが頭を打ち抜かれました。」
「おびただしい血が流れ、みんなアルダランが死んでしまったと思いました。しかし銃弾は頭の上の方を貫通しており、彼は命を取り留めることが出来たのです。」
%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83<a href=%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%82%ac11e3%83%a1%e3%82%ac10" width="300" height="200" class="aligncenter size-medium wp-image-29275" />
2キロ後方にある進攻拠点の救護所へ運ばれるアルダラン。
%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%82%ac11
10月26日、イラク領内で執り行われたアワラの葬儀で、悲しみのあまり気を失った姉。周囲にいるのはクルディスタン自由軍の女性兵士。
%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%82%ac12
http://www.nbcnews.com/slideshow/combat-close-battle-against-isis-n674826

【 イスラム国(ISIS)を相手の苦しい戦い – クルド族民兵組織 】《1》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

アメリカNBCニュース 2016年10月30日

%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83<a href=%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%82%ac02e3%82%ac01" width="300" height="200" class="aligncenter size-medium wp-image-29252" />
モスル奪還のためイラク政府軍とともにイスラム国(ISIS)と戦うクルド族民兵組織ペルシュメガは、待ち伏せ攻撃に遭うなど、苦しい戦いをつづけています。
モスル作戦はイスラム国(ISIS)の支配地域の半分にあたるイラク領土部分を奪還しようとするものです。
カメラマンのハリー・クーンはペルシュメガと協同で軍事作戦を行っているクルディスタン自由軍(PAK)に同行し、実戦の撮影を行いました。
10月19日モスル作戦の開始前日、イラク領土内で待機するはペルシュメガの兵士たち。(写真上)

同。(写真下・以下同じ)
%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%82%ac02
10月20日、イスラム国(ISIS)支配地区への前進を待つペルシュメガとイラク政府軍の兵士たち。
%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%82%ac03
攻撃の準備をするクルディスタン自由軍(PAK)の女性兵士。PAKは総勢600人と小部隊ですが、その中には多くの女性兵士が含まれています。
%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%82%ac04
イスラム国(ISIS)支配地区へと進攻するクルディスタン自由軍(PAK)の兵士たち。
%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%82%ac05
http://www.nbcnews.com/slideshow/combat-close-battle-against-isis-n674826

【 歴代アメリカ大統領のIQ(知能指数)順位 】《3》IQ145/169

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

【 歴代アメリカ大統領のIQ(知能指数)順位 】《3》3位~1位

インサイド・ガヴァメント 2015年8月11日

2016年大統領選に向け初めて開催された共和党の大統領指名獲得争いの議場で、医学博士で政治家でもあるベン・カーソンは優れた大統領の条件として『優れた頭脳を有しているかどうか』が最も重要な条件であろうと語りました。
今回ランキングに使われた大統領のIQは2006年にカリフォルニア大学のディーン・シモントン教授が発表したデータに基づくものです。彼は著作や事歴を分析してIQを測定する『ヒストリオメトリック』と呼ばれる手法により、各大統領の知能指数を計算しました。

3
3位 第35代大統領ジョン F.ケネディ(大統領執務1961 - 1963年・写真上 / 以下同じ)
IQ:145.1
1917年5月29日生まれ マサチューセッツ州出身
大学:ハーヴァード大学
43歳でケネディは史上最年少のアメリカ大統領に就任しました。
彼はしばしば健康上の問題に悩まされていましたが、熱心な研究者であり野心的な政治家でもありました。

2
2位 第3代大統領トーマス・ジェファーソン(大統領執務1801 - 1809年)
IQ:153.8
1743年4月12日生まれ ヴァージニア州出身
大学: アィリアム&メアリー大学(中退)
ノーベル賞受賞者とホワイトハウスで会食をした際、ケネディの有名な発言が記録に残っています。
「ここホワイトハウスで食事会が催された中で、今日ここにお集まりのみなさんほど卓抜した才能と、知識に優れた方々はかつてなかったものと思います。もし例外があるすれば、それはここにいる全員を合わせても、たった一人のトーマス・ジェファーソンにかなうことはできないという事実でしょう。」
ジェファーソンこそはその後のアメリカの飛躍的発展の土台を築いた人物です。
彼はす農業の改良から建築技術まで、すべてのことを学び取りました。

1
1位 第6代大統領クインシー・アダムズ(大統領執務1825 - 1829年)
IQ:168.8
1767年7月11日生まれ マサチューセッツ州出身
大学:ハーヴァード大学
ハーヴァードで法律を学んだクインシー・アダムズは彼の父親と同様優れた弁護士であり、法廷ではその敏腕さを恐れられていました。
彼は政治家としても優れた手腕を発揮、その後のアメリカを運命付ける国際条約を次々とて締結しました。
彼は少なくとも4ヶ国語に堪能であり、ラテン語と古代ギリシャ語をいとも簡単に翻訳できたと言われています。

http://us-presidents.insidegov.com/stories/5315/most-intelligent-presidents?utm_medium=cm&utm_source=outbrain&utm_campaign=i3.cm.ob.dt.5315

【 歴代アメリカ大統領のIQ(知能指数)順位 】《2》IQ141/149

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

インサイド・ガヴァメント 2015年8月11日

2016年大統領選に向け初めて開催された共和党の大統領指名獲得争いの議場で、医学博士で政治家でもあるベン・カーソンは優れた大統領の条件として『優れた頭脳を有しているかどうか』が最も重要な条件であろうと語りました。
今回ランキングに使われた大統領のIQは2006年にカリフォルニア大学のディーン・シモントン教授が発表したデータに基づくものです。彼は著作や事歴を分析してIQを測定する『ヒストリオメトリック』と呼ばれる手法により、各大統領の知能指数を計算しました。

10
10位 第21代大統領チェスターA.アーサー(大統領執務1881 - 1885年)
IQ: 141.5
1829年10月5日生まれ ニューヨーク出身
大学: ユニオン大学
最も知的な大統領の1人であることは間違いないにも関わらず、チェスターA.アーサーは通常、さしたる業績も無いと見なされています。
しかし目に余る政治腐敗の改革に尽力した手腕は、充分賞賛に値するものです。

9
9位 第20代大統領ジェームズ・ガーフィールド(大統領執務1881 - 1881年)
IQ: 141.5
1831年11月19日生まれ オハイオ州出身
大学: ウィリアムズ・カレッジ
ガーフィールドはウィリアムズ・カレッジの優等生として知られ、学年第2位の成績で卒業しました。
ガーフィールドは右手でラテン語の文章を書きながら、同時に左手で古代ギリシア語を書くことができると言われていました。

8
8位 第26代大統領セオドア・ルーズベルト(大統領執務1901 - 1909年)
IQ: 142.3
1858年10月27日生まれ ニューヨーク出身
大学: ハーバード大学
テディ・ルーズベルトは歴代のホワイトハウスの住人の中でも、最も知的好奇心の強い大統領の1人でした。
著述家としても35冊の本を出版、その主題は1812年のナポレオン戦争からアフリカの植民地争奪戦にまで渡っていました。
彼はまた自然主義者と環境保護論者としても、尊敬される存在でした。

7
7位 第2代大統領ジョン・アダムズ(大統領執務1797 - 1801年)
IQ: 142.5
1735年10月30日生まれ マサチューセッツ州出身
大学: ハーバード大学
アダムズは、非常に知的な政治的なであり、同時に優れた理論家、歴史家、弁護士でもありました。
成長してラテン語学校で優れた成績を収めた彼は、わずか15歳でハーヴァード・カレッジへの入学を許可されました。

【 歴代アメリカ大統領のIQ(知能指数)順位 】《4》6位~4位

インサイド・ガヴァメント 2015年8月11日

2016年大統領選に向け初めて開催された共和党の大統領指名獲得争いの議場で、医学博士で政治家でもあるベン・カーソンは優れた大統領の条件として『優れた頭脳を有しているかどうか』が最も重要な条件であろうと語りました。
今回ランキングに使われた大統領のIQは2006年にカリフォルニア大学のディーン・シモントン教授が発表したデータに基づくものです。彼は著作や事歴を分析してIQを測定する『ヒストリオメトリック』と呼ばれる手法により、各大統領の知能指数を計算しました。

6
6位 第39代大統領ジミー・カーター(大統領執務1977 - 1981年・写真上 / 以下同じ)
IQ:145.1
1924年10月1日生まれ ジョージア州出身
大学: 米国海軍兵学校
ジミー・カーターはIQの高さが大統領として必ずしも優れた業績にはつながらないという事を証明した事例と言えるかもしれません。大統領就任以前、カーターは海軍士官学校で自然科学の学位を取得して卒業、後にユニオン大学で原子物理学の修士号を取得しました。

5
5位 第28代大統領ウッドロー・ウィルソン(大統領執務1913 - 1921年)
IQ: 145.1
1856年12月28日生まれ ニュージャージー州出身
大学: プリンストン大学
政治学の博士号を取得したウィルソンは、1902年から1910年までプリンストン大学の学長を務めました。
大統領就任後にウィルソンは進歩改革運動の主要な人物となる一方、第一次世界大戦の開戦から戦後処理までを行いました。

4
4位 第42代大統領ビル・クリントン(大統領執務1993 - 2001年)
IQ: 148.8
1946年8月19日生まれ アーカンソー州出身
大学: ジョージタウン大学
クリントンはジョージタウン大学でファイベータ・カッパクラブに選ばれ、オックスフォード大学に進学するためのローズ奨学金を与えられました。オックスフォードでは哲学、政治学、経済学を学びました。
エール大学でも法律の学位を取得しています。

http://us-presidents.insidegov.com/stories/5315/most-intelligent-presidents?utm_medium=cm&utm_source=outbrain&utm_campaign=i3.cm.ob.dt.5315

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、アメリカCNN、NBC、ABC、CBS、英国BBC、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
サイトマップ
最近の投稿
@idonochawanツィート
健康関連リンク
アーカイブ